飲食店のオーナーになる|塾経営にうってつけの最先端情報|フランチャイズで大躍進を遂げる

塾経営にうってつけの最先端情報|フランチャイズで大躍進を遂げる

レディ

飲食店のオーナーになる

ラーメン

ノウハウを身につけるには

ラーメン屋は居抜き店舗などを利用すれば、少ない初期投資でも開業することができます。また特に免許や資格なども必要ないため、いつでも誰でも独立できるのが特徴です。しかし新規参入は簡単でも、商売を軌道に乗せるのは容易ではありません。自己流のラーメンで顧客を満足させるのは、余程のことがないと難しいでしょう。まず人気のあるラーメン屋の求人に応募し、調理の腕前や経営のノウハウを身につけるのが、一般的な独立開業のステップです。ラーメン屋の求人というと、パートやアルバイトを連想する方が多いかもしれませんが、出前や皿洗いのアルバイトだけでは、技術を身につけることはできません。しかし最近では、将来の独立開業を前提にした求人も増えてきました。

店長から独立開業へ

独立希望者歓迎の求人は、いくつかの有名店のサイトでも見かけますし、ラーメン屋専門の求人サイトにも掲載されています。採用されると最初はアルバイトと同じ仕事から始まりますが、やがて仕込みや調理を任されるようになり、副店長・店長へとステップアップしていきます。最終的に独立するまでには、ラーメン屋の経営に関するさまざまな知識を自分のものにできます。店によって異なりますが、入社から独立までは、2〜3年ほどかかるのが平均的です。暖簾分けで独立開業した場合、有名店の名前をそのまま使えるので、最初から高い宣伝効果を得られるというメリットがあります。一般にフランチャイズではロイヤリティが発生しますが、暖簾分けでは発生しないこともあります。