塾経営にうってつけの最先端情報|フランチャイズで大躍進を遂げる

男女

店舗管理の先進システム

レジ

売上管理を効率化

POSシステムは、主に小売業者の間で普及が進んでいる店舗管理手法です。商品の売上が発生した際、バーコードの読み取りなどによって品目や個数などをその都度記録していくことで、販売管理の省力化を図ることができます。記録したデータは、在庫管理や売上動向の分析などさまざまな目的に利用できます。このシステムは、開発された当初はスーパーマーケットなど非常に多数の商品を扱う小売店における販売管理業務を効率化することが主な目的でした。しかし現在では機能の多様化に伴い、飲食店など多業種への導入も進んでいます。注意が必要なのは、飲食店に導入されるPOSシステムは単なる販売管理の枠を越えているということです。発注業務や会計業務とも連動させることで、店舗運営全体を統括するシステムへと進化を遂げています。フランチャイズで大躍進を遂げましょう。

オーダーを正確に伝える

店の規模にもよりますが、飲食店の大きな特徴は複数の客が同時に店内に滞留し、それぞれのオーダーが個別に行われるという点にあります。そのため従来の店舗運営においては、伝票や食券などを使ってオーダーを厨房に伝え、情報の錯綜を防いでいました。POSシステムを導入すれば、この業務を大幅に効率化することができます。接客担当者がオーダーを端末に入力すれば、それが自動的に厨房に伝わり、人が動かなくてもリアルタイムで注文が通じるようになります。その情報は同時にレジにも記録され、会計業務の迅速化を実現します。さらに回転寿司店など一部の飲食店では、タッチパネル式のPOS端末を客自らが操作することで、さらなる省力化を図っている例も見られます。

POSシステムは小売業で活用しているのを見かけますが、実は塾でも学生の入退室管理や、学習状況を把握するためにも使用されています。とくに全国的に有名な学習塾であれば、規模も大きいため一括管理するため利用されています。そういうこともあり塾開業を希望する人たちの間でも、有名な学習塾のフランチャイズ傘下になる傾向がみられます。フランチャイズになることで生徒を管理するだけでなく、働く職員もPOSシステムで管理できるため経営する側にとってとても便利なのです。

飲食店のオーナーになる

ラーメン

ラーメン屋の調理技術や経営のノウハウを身につけるには、独立希望者歓迎の求人に応募するのが一つの方法です。さまざまな仕事の経験を積んで知識と技術を覚えられること、独立後は有名店の名前を使えるため宣伝効果が高いことがメリットです。

More...

海外に勝負の舞台を求める

ネットワーク

海外で新事業を始めるという企業が増えています。中でもインドネシアが注目されています。インドネシアは、まだ参入企業が少なくライバル企業が少ないからです。しかし、インドネシアと日本では文化と風習、言語が異なります。なので、コンサルティング会社に依頼してアドバイスをもらうようにしましょう。

More...

支援を受けて開業

スーツの男性

大阪では独立開業するサラリーマンが多いものですが、経営の素人であっても成功できるようにと様々な開業支援サービスがあります。フランチャイズもそのひとつですが、あくまでもお店などの立ち上げに役立つものであることを意識する必要があります。

More...